昭和28年銀座創業 寿司屋の勘八

五感で、旨い

握食材の鮮やかな色、板前の威勢のいい声、食欲をそそる香り、絶妙な硬さのにぎり。味覚だけじゃない、五感のすべてで味わってほしいのが、勘八の寿司です。

勘八の生い立ち

寿司屋の勘八は昭和28年、江戸前寿司の本場、東京は中央区銀座7丁目で生まれました。以来銀座、丸の内、大手町など東京の中心部に出店し、歴史を積み重ねてきました。勘八のこだわりは、常にお客様に喜んでいただける店づくりを心がけることです。「清潔で礼儀正しく」「新鮮な美味しい鮨を」「納得戴けるお値段で」これが私達の信条です。料理はもちろん、店のたたずまいや職人の技など伝統的な寿し屋の楽しさを、気兼ねなく味わっていただける。そんな勘八に、ぜひ一度お越し下さい。お客様のわがままにとことんつきあう、本物の職人がお待ちしています。創業から現在の歴史昭和28年 銀座に1号店を開店(昭和56年、自社ビルに移転)昭和41年 丸の内に国際ビル店を開店昭和43年 丸の内に新丸ビル店を開店(平成15年、三菱信託銀行本店ビルに移転後、旬に改名)
昭和54年 大手町に新大手町ビル店を開店昭和56年 銀座に自社ビル(ニューセンタービル)を建設平成05年 内幸町に日比谷国際ビル店を開店(平成16年凛に改名)